世の中ね、顔かお金かなのよ!

ブログタイトルはこんな(回文)ですが、恋愛や人生の指南はしません(できません)。砺波湊の短歌メインなブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
千原こはぎさんによる企画・編集の「Re:短歌」に参加しました。
51組102名による「返歌」、計408首が詰まっています。
DLは→こちらへ。

わたくし砺波湊は、笛地静恵さんと「架空世界のBL相聞歌」(p.15)を作ってみたのですが、
その経緯と返歌の記録をしておきたいと思います。


――ある夏の日。
ツイッターを眺めていたら、お知り合いが「ネット上の企画で返歌をやってるところ♪」と楽しそうなツイートをしていました。

ふーん、返歌ねー…ちょっと羨ましいな…でも、友達いないしな…(この時点で誰からも誘われてないワケだし…)と思うわたし。
でも、ちょっと検索するくらい…これは皆の募集文を読んで「アハハ-」とかするだけだし…と、
「#(ハッシュタグ)返歌短歌集お相手募集」で検索してみました。
すると、とあるツイートが目に留まりました。

「61歳。男性。SM小説家。こんなわたくしでも、組んでいいという方は、いらっしゃいますでしょうか。」

なんか、すごいインパクトのあるツイートが見つかりましたけど…。

これが、返歌・相聞・しかもBL短歌に初挑戦するきっかけになったのです!

(全文です。 ↓ 長いです。)
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
続きを読む
スポンサーサイト
千原こはぎさんによる企画・編集の「Re:短歌」に参加しました。
51組102名による「返歌」、計408首が詰まっています。
DLは→こちらへ。

わたくし砺波湊は、笛地静恵さんと「架空世界のBL相聞歌」を作ってみました。(p.15)
自作についてはさておき、ここでは面白かった一連をいくつかご紹介します。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

続きを読む
所属する短歌人会の「2011年 評論・エッセイ賞」をいただきました。
(砺波湊「ぎりぎりの成功例」)

ありがとう。そして、ありがとう。
(最近よくブログとかで見かけるこれがアニメのタイバニの中のセリフ(スカイハイさま)だとようやくわかった。毎週見てるのに……)

短歌人に入会するとき色々お世話になった先輩の村田馨さんと同時受賞です。感慨深いです。

今年の応募テーマは「河野裕子の残したもの」。
あんまり馴染みのなかった方だったので(代表作くらいしか知らなかった・汗)
今さら社会学的アプローチみたいなことをやっても(団塊の世代に絡めるとか)手につかなそうだったので
『母系』1冊をいっしょうけんめい読んでみました。

おととし、入会3年めで初挑戦したら佳作で、去年も応募したけど全然ダメで。
少しは文章を読む・書くコツがわかってきたかなぁー。
しかし。いまだに難しい本を読むと寝ちゃうんだな、これが。

ま、一回一回がんばっていくしか。
……まずは、9月号用の詠草。あわわ。
恋人いない歴=年齢、なバレリーナが
妖艶な黒鳥の役を掴もうともがく話。

以下たぶんネタバレなので隠します。
(っていうかバレも何もない映画ですが…予告編の通り。)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★
続きを読む
告知(って発売より前にしなきゃ告知じゃないのかな)。


5月号のNHK短歌(テキスト…たぶん20日発売)のなかの
「ジセダイタンカ」のページに砺波湊の短歌「手首くらいの」(←これが題)
5首、載せてもらいました。

20首・30首の連作も難しいけど、5首もどうまとめていいやら。
(って全部ニガテなんじゃん…)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。