スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
「短歌人」掲載の短歌 2010年2月号
2010年2月号 会員1欄掲載 以下7首 砺波湊・作


薄日さす午後聴いている陽水の歌にはバスの旅多くあり

キングと呼ばれる夫を持てどもクイーンと呼ばれることなき三浦りさ子よ
(フリガナはありませんが、短歌的に「夫」は「つま」と読みます。)

つまさきを差し入れるときあたたかな行きどまりとなるボアスリッパは

ドラマでは美少女の部活の定番のラクロスのルール知る友おらず

チャンネルをMTVに合わせればあからひく肌のレディ・ガガ舞う

重い病気としか思われぬ美女並べ寒さをふせぐことらし「肉障(にくしょう)」

見直せど時計は午前二時五分掻き揚げの香が漂い来たり


---------------------------------

続きを読む
スポンサーサイト
[2010/04/07 15:35 ] | 短歌(砺波湊作)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。