スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
「短歌人」掲載の短歌 2011年6月号

2011年 6月号 会員1欄掲載 以下7首


消灯ののちの廊下に開かれるエレベーターは光の小箱

翳された手にせせらぎの音で応う<音姫>という白い筐体

さいごに船をおりたのは十二年前マドラスチェックのシャツ試着する

入り口の百円玉を拾わずに帰り来夢の中のコンビニ

すなおさが今日は痛くてボールペンの赤沈めれば跳ねもどる黒

寸足らずの真っ赤なチョッキそれのみを纏いてほほえむくまのプーさん

シャンメリー注がれたコップの中のぼる泡粒のような今日の夜桜



-----------------------------------

続きを読む
スポンサーサイト
[2011/06/09 13:48 ] | 短歌(砺波湊作)
映画「ブラックスワン」観ました。
恋人いない歴=年齢、なバレリーナが
妖艶な黒鳥の役を掴もうともがく話。

以下たぶんネタバレなので隠します。
(っていうかバレも何もない映画ですが…予告編の通り。)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★
続きを読む
[2011/06/08 23:03 ] | 日記的ななにか
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。