世の中ね、顔かお金かなのよ!

ブログタイトルはこんな(回文)ですが、恋愛や人生の指南はしません(できません)。砺波湊の短歌メインなブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年 7月号 会員1欄掲載 以下6首


感謝して母に贈れとカタログにカーネーションの皺多き花

8センチのヒールを履けばかかとより8センチ下に踏みつけしガム

これも網 ストッキングを脱ぐときはつま先振って遠くへ飛ばす

ブラインドの下がる窓辺の安全性ここは開かない揺れなくていい

ブランコはひとりで漕げたその日から支柱と鎖と板にかわった

金魚くらい埋められている庭だろうか門扉にからまるつるばらの奥


-------------------------------------


続きを読む
スポンサーサイト
・小学生になった隣のケイくんにライダーごっこを拒否られており (砺波湊)


先週に引き続きラジオ「夜はぷちぷちケータイ短歌」に投稿~。

喜屋武ちあき(愛称:きゃんち)さまに選んでもらえた模様。
(模様、とか言ってるのはリアルタイムでは聴いてないから・汗)

きゃんちまいんち!を読んで後藤さん好きだって知ってたもん。
別にリサーチじゃなく、好きで読んでるだけでそ。
(OOOの話です。砺波はダテゴト推奨。願・伊達さん再登場!)

ワタシも小学3年くらいで一旦アニメ・特撮を卒業したんですけど、
中学生でアニメに戻り、大学生で特撮に戻ったなぁ。なんでだろう。
スタンド使いどうしがひかれあうようなもんだよね、きっと!

いいんだ! 人生楽しいからいいんだ!
・願う手のかたちは薄く、祈る手のかたちは少しふくらむ蕾 (砺波 湊)


ラジオ「夜はぷちぷちケータイ短歌」。

ひさーしぶりに投稿したら(どれくらい久しぶりかというと
この番組が土曜日にやっていた頃以来だろうと思われます。)
7/3の今週の一首にしていただいた模様。わーい。


短歌人会のネット歌会(第五回:題詠「願」)で、どうしても
期限内にできなかったから、いまさらだけど作れて嬉しぃです。
所属する短歌人会の「2011年 評論・エッセイ賞」をいただきました。
(砺波湊「ぎりぎりの成功例」)

ありがとう。そして、ありがとう。
(最近よくブログとかで見かけるこれがアニメのタイバニの中のセリフ(スカイハイさま)だとようやくわかった。毎週見てるのに……)

短歌人に入会するとき色々お世話になった先輩の村田馨さんと同時受賞です。感慨深いです。

今年の応募テーマは「河野裕子の残したもの」。
あんまり馴染みのなかった方だったので(代表作くらいしか知らなかった・汗)
今さら社会学的アプローチみたいなことをやっても(団塊の世代に絡めるとか)手につかなそうだったので
『母系』1冊をいっしょうけんめい読んでみました。

おととし、入会3年めで初挑戦したら佳作で、去年も応募したけど全然ダメで。
少しは文章を読む・書くコツがわかってきたかなぁー。
しかし。いまだに難しい本を読むと寝ちゃうんだな、これが。

ま、一回一回がんばっていくしか。
……まずは、9月号用の詠草。あわわ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。