世の中ね、顔かお金かなのよ!

ブログタイトルはこんな(回文)ですが、恋愛や人生の指南はしません(できません)。砺波湊の短歌メインなブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年8月号 二十代・三十代競詠特集 砺波湊・作

■ こんなにも


贈答用のタオルを支える厚紙のような仕事を終え夜のなか

ピストルならば銃口を客に向けているトリコロールの殺虫剤は

水晶の色した粒と書かれおれば鳴らしてみたしメタンフェタミン

押してはいけないスイッチみたいに歩道橋の真ん中に光るアルミの硬貨

雨の降るまえの空気に鼻先で触れて朱肉っぽいにおいする

人々を裡に眠らす建物は窓ごとにちがう燈を灯しゆく

ガムを包むだけの紙までこんなにも輝いていて夏がはじまる

まだ傘はささずに歩く手加減をされてるような雨浴びながら

----------

小文・わたしの好きな場所

お気に入りのカフェなどもありますが、最近気になるのは坂道です。
上からの眺めも下から仰ぐのも好きです。
特に、坂の途中が階段になっているものは、誰かのチャーミングな癖を見つけたみたいに嬉しくなります。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。