スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
第七回高瀬賞 受賞作 「雑踏のなか」
えーと、高瀬賞というのは
「短歌人」会の新人賞というカンジです。

>会員1・2欄所属者対象。未発表新作十五首公募。
>毎年2月下旬頃締切、7月号誌上発表。選考は編集委員会。
>賞の名称は、1966年から85年まで「短歌人」編集発行人を務め、
>2001年他界した故・高瀬一誌氏の業績を記念してのもの。
http://www.tankajin.com/prize.html
(短歌人・公式サイトより↑)

--------------------------------------------------------

第七回高瀬賞 受賞作 「雑踏のなか」 砺波湊


毒持つと知りてその下くぐるときエンジェルス・トランペットの白さ

二粒のしずくがひとつになるようなキスを追い越す雑踏のなか

アスファルトの上のクリップかがやきの分だけ同化を拒まれている

スモーキング・エリアに集う人々は雨宿りに似た顔つきをして

「健康を害する恐れがある」という文字は年々育ちゆくかな

吠えながら来たる地下鉄 めいっぱいチューブのなかに光を満たし

気がつくと隣の席に過積載で捕まりそうなまつ毛の二人

「跪きすぎて折ったの」膝なでる元風俗嬢のつけ爪に星

りんかい線東雲を過ぎつみたてのジェンガのようなマンションの群れ

ブックオフで文庫を選べばタイトルの思い出せない曲が流れる

飽きられたヒットソングに科せられるオルゴール調アレンジの刑

そんなには淋しくないと『はじめてのあみぐるみ』なる本を戻した

晩秋の梢のようなベランダだベージュの下着ばかりが揺れて

神のごとムダと断じて職人の手つきでその毛をことごとく剃る

風呂に入り呻く身体を持つならば口角くらいは常にあげとく

--------------------------------------------------------
ワタシが短歌人会に入ったのは、高瀬一誌さん&仙波龍英さんの
短歌を面白いと感じて、そういう方がいらした会なら
きっと面白いトコロだろうと思ったからなので、高瀬さんのお名前が
ついた賞をいただいたことは、感慨深かったりします。

そして、エッセイ・コーナー(なんですか?)で松木秀さんに歌を取り上げて
いただいたのですが、それがガンダム00の短歌だった(笑

・二十四世紀を舞台としたるアニメにも眼鏡の男女あまた集いぬ (砺波湊)

「00(ダブルオー)」って読み方まで書いてある……字数浪費させてスイマセン!
しかも
「(ブログなどから受ける印象では)砺波さんは現役ばりばりのオタクで」
と書いていただきました!
嬉しいです! 高瀬賞受賞と同じくらい(えー)嬉しいです!(でもホント)
これからもオタクとして「徹底的にやらせてもらう!」 (←ティエリア)
スポンサーサイト
[2008/12/28 20:13 ] | 短歌(砺波湊作)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。