スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
「短歌人」掲載の短歌 2009年3月号
2009年3月号 会員1欄掲載 以下7首 砺波湊・作


満開の国花を抱いてポケットに揺れる百円玉の銀色

ポケミスの表紙に納まる抽象画身じろぐほどに静かなる午後

道をゆく人々ほそき銀鎖にて空とつながる雨降る朝に

ベビーカー、雑種犬と人、シャボン玉 冬の公園をよぎるものたち

かきあげた髪から覗く耳朶はピアスホールの痕だけのせて

クレーンは作り終わらぬビルの上しゃがんだ姿勢で夜に呑まれる

ベランダに柵また塀に宙吊りの花の明るさ眺めて歩く


---------------------------------------------------


こうやってみると、なんだかぜんぶ同じリズムな気がする……。

(あれ、もう一首あったのでは???
 ご、後日、追記します。。。)
スポンサーサイト
[2009/03/11 12:24 ] | 短歌(砺波湊作)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。