世の中ね、顔かお金かなのよ!

ブログタイトルはこんな(回文)ですが、恋愛や人生の指南はしません(できません)。砺波湊の短歌メインなブログです。

2010年1月号 会員1欄掲載 以下7首 砺波湊・作


スカイツリー日に日に伸びてパズーよりムスカに近き歳の冬なり

土を掘った記憶はあらず霧雨にトレンチコートの襟立ててみる

「お別れ会」テレビに映る 飼育員殺めし過去もつゾウのウメ子の

見るたびに顔面に傷の増えてゆく田中マルクス闘莉王ユウジ

夕暮のわずかむらさきに傾いてすべてのボタン引きちぎりたし

ディズニーシー模擬地下探検遊具には江守徹の音声案内

終電はどの路線にもきっとありディズニーリゾートラインにもまた


---------------------------------



一首め。
これ、関東の人しか分からないのではなかろうか。
高いところに行くと、ムスカごっこ(←はははは! 人がゴミのようだ!)をしたくなるラピュタっ子です(笑)。


四首め。
ファンというワケではないのですが(あ、日本代表としては応援しています)たまにJリーグの試合をTVで見ると、怪我のシーンを目撃してしまう闘莉王さんです。
’09開幕戦(? でも三月だったとは思う)ではK‐1かと見まがう流血でびっくりさせられました……。

下句をぜんぶ人名(それも一人の)で満たせ、作り終えたとき、大変に満腹感の高かったことを覚えています(笑)。
名前が14音だと気付いたとき「やった!」とおもいました(笑)。
しかし本名(ブラジル国籍のとき)は、
マルクス・トゥーリオ・ユウジ・ムルザニ田中、らしい。
……ミドルネームがまだあるんですよ!


六、七首め。
昨秋、十年ぶりくらいに舞浜に行きました。シーは初。
で、そんなときに↑こんなこと考えていたワタシ。
……よくディズニーに誘ってくれる友人がいるもんだな~。
ごめんね、友よ。


スポンサーサイト