世の中ね、顔かお金かなのよ!

ブログタイトルはこんな(回文)ですが、恋愛や人生の指南はしません(できません)。砺波湊の短歌メインなブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年1月号 会員1欄掲載 以下7首 砺波湊・作


サンシャイン60今日も直立す わたしの吐き出す湯気の向こうに

ふるさとが財政再生団体になりゆく社長の所管を聞きつ

それぞれに凭れる場所を決めしのちひらくケータイという名の小窓

我が部屋で愛人が縊死するという過去もて笑う荻野目慶子

日記とて読まれるものとして書けと本のなかから古書肆の告げる

ゆうぐれのホームセンターに少女いて溺死の似合うバスタブの前

空間を勝ち取るあかし爪先をゆるりうてなへ差し上ぐプリマ

-------------------------------------

2009年1月号から所属欄が「会員1」になりました。
「会員2」との違いは、掲載が6→7首に増えることです。
まぁ欠詠のないように今年も楽しくやりたいとおもいます。


6首めのこと。

東金市で9月に5歳の女の子が殺された事件の殺害方法が
風呂に沈めての溺死と報道されたのが、この号が届いたのと
同じ12月26日だった気がします
(詠草を出したのは10月アタマ)
何となく面白い風景かなーと作った歌でしたが、ほとんど忘れた
頃にニュースとセットになって読み返すと、いやぁーな気分が。。。
(あちらは昼頃のショッピングモールだったわけなのですが)

4首目といいどうしてたんでしょうか。
「2万円の水飲む男」とかも作ったなぁーーー
そしていやぁーな気分になったんだっけなぁー、そういえば。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。